恋愛対象外の男性ほど恋愛関係になると長続きする訳

男女が恋愛関係になるのには、やはり第一印象で良い印象になることが必要不可欠です。

しかし、第一印象で恋愛対象外と自分で判断した男性こそ、女性にとって良い恋愛相手になることが多いのも事実です。

それは、恋愛対象外だからです。
やはり人には好みのタイプがありますので、第一印象でタイプの男性には、自分を良く見せようと考えるのが普通です。

しかし、第一印象で恋愛対象外だと頭の中で決まってきまえば、無理に自分を良く見せる必要もなければ、変に気を使う必要もありません。

すなわち、ありのままの本来の自分で向き合えるのです。

自然体でいること。

これが、当たり前のようで難しいのです。
人間は、他人に対して自分を良く見せたい願望が皆、少なからずあります。

それは同姓、異性問わずにあり、初対面の方にはなるべく良い印象を与えたいと思う生き物です。
言って見れば、就職活動の面接の印象等もそうです。

自分のことを何も知らない他人へ自分の良さや、性格をアピールし、気に入ってもらいたい。
それは誰しもある願望です。

自己アピールの上手な人ほど、就職や恋愛において有利だと私は考えます。
人間の内面を磨く、と言うのはそういったことも含まれるのではないでしょうか。

特に女性に、コミニュケーション能力が高い方が多いのは、日頃から他人とのコミニュケーションを活発に交わしているからだと思います。
どうせ知り合うなら、感じの悪い人より、良い人に思われた方が圧倒的に得なのです。

しかし、恋愛においては、第一印象が良くなかった男性ほど、いざ恋愛関係になると長続きします。
それは、第一印象が良くなかったことが全てです。

始めが良くなかった分、相手の良いところを見つけると、3割増し位は良い印象に変わりやすいのです。
スタートの期待値が低い分、グンと上がりやすいのです。

しかも、そういった男性には、素の自分で接している分、相手にも良いところを見つけてもらいやすくなります。
第一印象が良くない男性ほど、今後はチェックしておいた方がいいかもしれません。